fc2ブログ
Welcome to my blog

美味しくて体にも良いなら薬膳!本格中国茶とスイーツのお店【甘露】〈早稲田〉

もち米

甘露サムネ
とにかく種類が豊富。
本格的な中国茶と中国スイーツを食べられるお店として
密かに人気のようです。

客層も若い女性同士や1人の男性、
サラリーマンのグループなど幅広い感じでした。

所用で早稲田に行った帰り、
せっかくならどこかで食べたいなと思って
ツイッターで探したところ
評判が良かったので来店。

薬膳に興味があるので
とても気になりました。
甘露入り口
土曜日の16時でも店内は割と混んでいました。

だからか、1人で来店した私は
中国カフェっぽさのない
追加で付け加えましたというような
真っ白い空間に通されました。

カウンター4席のみ、
受付の様子を真正面から見られるので
オーダーも気づいてもらえます。
甘露店内4
席から見た光景↑

最初はちょっと残念と思いましたが、
ここはここで案外落ち着く。

なお、ここの席の中国っぽさは
パンダと中国関連の書籍たち。
甘露棚



メニュー表は表裏びっしり。
ランチメニューはおこわや肉まんなどで、
メインはお茶とデザートです。

甘露メニュー

甘露メニュー2

知っているメニューどころか
読めるメニューすら無い(笑)

甘露メニュー3

さすが本格中国茶のお店。
大まかな説明と写真から注文を決めました。


甘露菊花茶
菊花茶(780円)
薬膳茶の一種。

目の充血、かすみなど主に眼精疲労に効果があると言われ、
めまいや頭痛にも良いとされる白菊花を使った
ノンカフェインティーです。

味は?と聞かれるともう
「菊の味」としか言いようがない
んですが…

ハーブティーより薬っぽく、
生の菊なのでほんのり青臭さもあります。
喉越しはHOTでもさっぱり。
おそらく好き嫌いが分かれる。


飲む時は茶器の蓋を斜めに傾けて
菊を飲み込まないように抑えながら
すするように飲みます。
茶器が熱いのでこれがなかなか難しい。

半分くらいまで飲んだら、
机に備え付けの電気ポットから
お湯を足してまた飲めます。
甘露菊花茶2

つまり自分が飽きるまで
湯を足して飲み続けられるということ!!!
(貧乏性の考え)

なお甘さを足したい時、
中国では氷砂糖を入れるんだそう。
スタッフさんに頼めば追加で持ってきてもらえます(4個)

3個入れたら、その後2〜3回
お湯を足しても甘くなりすぎてしまったので
2個でよかったな…

なお付属のナツメはローストしてありカリッカリ。
固すぎて最初なかなか噛めなかった(笑)
でも美味しい。ほぼ黒砂糖のかりんとうです。

普通にかりんとう食べるより体に良いから
今度ナツメ揚げて食べて見みよう。
また新たな知見を得た(*^_^*)


菊花茶は前々から知っていて、
中華街でこの菊を買って
自分で淹れたこともあります。

その時の味とそれほど変わらなかったので
作り方は間違ってなかったんだなと再認識。

この間のルピシアグランマルシェで買ったような
チョコバナナパフェやラフランスのような
フレーバードティーの気分転換として、
たまには菊花茶もいいかな。

⬇︎記事はこちら
ルピシアグランマルシェ


カロデザート
桃膠丸子双皮奶(680円)
ICEでもHOTでも頼めます。

元々、双皮奶(シュアンピィナイ)とは
広東式ミルクプリンのこと。
2回蒸すことで出来る2層の膜が名前の由来です。


まず見た目が可愛い。
甘露サムネ

二度蒸しした牛乳プリンの上に
桃膠(桃の樹液)のゼリーがかけられています。
カラフルなのは白玉です。

桃膠は「桃の花の涙」とも言われる
仙薬であり薬膳食材。天然植物コラーゲンです。

コラーゲンということもあってか
桃の味は正直せず。
わずかに薄〜〜〜い飴のような味を感じましたが
ほぼ無味でした。

それよりも主役はプリンの方ですね。
牛乳の味が濃くて、食感も滑らか。
スプーンが浅いので
すくうのがちょっと難しいくらい柔らかいです。
甘露デザート2

HOTにしたのも正解!
温かいプリンもまた美味しい!



口コミを見てみると、
ランチのおこわセットも美味しいんだとか。
菊花茶は元々味を知っていたので、
他の中国茶も気になるなあ。

甘露茶棚
なお店内では薬膳茶セットが販売されています。
家で気軽に薬膳・中国茶を飲める。

テイクアウト用スイーツもカラフル。
甘露スイーツ

店内の雰囲気はとても落ち着いていて、
天井に傘が吊られてあったり、
中国っぽいアイテムがたくさんあります。
甘露店内

甘露店内2

甘露席

ちょっとした小物も可愛い。
甘露店内レジ

一時期話題になった中国アニメ映画のグッズも。
甘露席2

中国茶に興味がある方、
普通とは違うカフェに行きたい方にオススメできます!






★ここまで読んで頂きありがとうございました!
ランキング参加しております↓
カフェ - ブログ村ハッシュタグ
#カフェ
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply