fc2ブログ
Welcome to my blog

栗と北斎と花のまち・小布施で歴史に触れる。長野2泊3日旅/3【岩松院・浄光寺 他】〈長野県小布施〉

もち米

小布施定光寺
小布施は北信濃にある穏やかで静かな街。
かつては水路・陸路の交わる交通の要所でした。

特に栗菓子の製造
葛飾北斎が83歳の時に訪れ
様々な大作を遺した地として有名です。

今回の旅の目的である
小柄小刀の鍛刀体験は完了しましたが、
せっかく長野まで来たので寄りました。
鍛刀1日目

小布施で食べたご飯シリーズは
後ほど一つにまとめるとして、
本記事では行った施設を書きます。



▼小布施の街について


小布施路線
駅に到着。
高い建物がないので空が広い〜

行き交う人はほとんどが観光客です。
小布施味のある店2
小布施には味のあるお店が
たくさんありました。
小布施味のある店

200年の歴史を持つ桜井甘精堂
小布施でも有名な栗菓子のお店。
小布施内にいくつも店舗がありました。

小布施栗店内
本店では社史や栗についての歴史を
展示しているコーナーもあり。

小布施栗店内2
これは「栗落雁衝立
京都伏見宮家から
裏菊御紋章付の栗落雁の調製を拝命した時のもの。

立派な建物だったのに
外観の写真を撮り忘れた…( ̄▽ ̄;)


栗菓子に関しては
桜井甘精堂以外に目をつけていたところがあったので
次回にまとめます。


8月の暑い中、
ギャズビーの冷感シートに助けられながら
山の方向に歩いていく。



▼岩松院

小布施岩松院
小布施の観光といえば、という
代表的なお寺です。

小布施岩松院1−2

北斎が88歳の時に描いた
八方睨み鳳凰図」が
本堂の天井にあります。

堂内は撮影禁止のため写真はないのですが、
「八方睨み鳳凰図」はとにかく迫力があるので
ぜひ公式HPをご覧ください↓
岩松院公式HP

鮮やかな色彩は、
なんと一度も塗り直したことがなく
北斎が描いたまま今に残っているそう。
江戸時代の色が現在まで残っているなんて驚き(*゚Q゚*)

本堂では決められた時間ごとに
お坊さんの説法も聞けるので
それと併せて鳳凰図を見ると面白いです。

小布施岩松院2
境内はこんな感じ。

また、岩松院には福島正則公のお墓もあるので
堂内にはゆかりの品が展示されています。
まさかここで日本号の文字を見るとは…


ちなみに岩松院までの道にもこんな碑が。
小布施岩松院まで

福島正則は豊臣秀吉にとても可愛がられた武将。
色々あって関ヶ原では東軍に加わり大活躍し
一時は広島城城主として大大名になるものの、
その後改易処分を受けてここ北信濃に国替えさせられます。

それでも資料を見る限り、
とても領民に愛された君主だったようです。


小布施岩松院内
小林一茶の句に出てくる蛙合戦の池も有名。
堂内でここからの景色のみ写真撮影OKでした。

お寺の庭に春になると蛙が集まる池があるのですが
メスの奪い合いになるそう。

そこから小林一茶が病弱な自身の子供を想って
やせ蛙 負けるな一茶 是にあり
という句を詠みました。

小布施岩松院内2
その句の舞台である「蛙合戦の池」の
ほとりに一茶の句碑があります。

なお岩松院の門前にも
別の句碑があります。
小布施岩松院4


岩松院からはちょっと歩きますが、
それでも徒歩圏内に
もう一つお寺があるとのことでGO。
小布施次の寺へ

天気に恵まれて良かった〜
道すがらにも、一般の方の句が刻まれた石がありました。


▼浄光寺

小布施定光寺
国の重要文化財に指定されている
茅葺の薬師堂があります。

薬師如来は本来、健康や長寿のご利益を授けてくださる仏様ですが
こちらでは不思議と縁結びとしても親しまれているそう。

なので入り口前の木には「だいす樹」の名前とともに
鮮やかなピンクのハート型絵馬が!(写真右側)

全体的に侘び寂びを感じる風情があるお寺なのですが
ここだけちょっと異質です(笑)でも可愛い。

御朱印は必ず参拝する前、とのことで
先に左手側の社務所に預けてから、山門をくぐります。


小布施定光寺2
雨だったら怖くて登れない石階段。

なお山門にはボタンを押すと浄光寺の説明を
流してくれる音声が大音量で再生されます。
それを聴きながら、足元に注意して薬師堂を目指す。

そして脇道にスラックラインのコーナーもある。
なぜお寺に…


薬師堂は周りを木々に囲まれる中
ぽっかりとスペースが空いた中央に堂々と建っていて
とても迫力があったのですが、
この時カバンにつけていたお気に入りの
カービィのコミックパニックコインケースが
無くなっていることに気づいてしまい
写真を撮ることが頭からすっぽ抜けてしまいました……
小布施コインケース
↑これ
絶対無くしたくない絵柄。
参拝をスムーズにするためにお賽銭を入れて
カバンからぶら下げていたがために…(T_T)

ひとまず動揺を押し殺しながら参拝。

ひと枠だけ空いている障子から
薬師堂の中をチラリと覗けます。
膝をついてお参りするスタイル。
ゴザがだいぶ古く、耳元で大きな虫の羽音も聞こえましたが集中!

森の中だからかもしれませんが
不思議な空気でした。
なるほどこれはパワースポット。


けれど心の中ではコインケースが気になってしょうがない。
結局友人に頼んで元来た道を戻って探すことに。
結構歩いた道をまた引き返す…
本当に申し訳ない。


ですがコインケースは無事見つかりました!!!
うわあああ〜〜〜!!!

蛙合戦の池の近くに落ちていたらしい。
拾ってくださった女性2人に
ひたすら感謝を告げて一安心。

本っっ当によかった。
これもう店頭に並んでないから…
せっかく来た小布施で嫌な思い出ができるところだった。

おかげさまで今回得た教訓は
ボールチェーンはダメ絶対。

あんなもんすぐ外れる。
ちゃんとナスカンのキーホルダーチェーンに付け替えよう。

小布施ラスト
帰る頃には空が曇ってきた。


▼長野駅・帰宅

家に帰るために長野駅に到着し、
新幹線を待っている間
夕飯を探して駅ナカを探索。

鍛刀3日目甘酒1
その途中で発酵バーなるものを
見つけたので立ち寄りました。

鍛刀3日目甘酒
とにかく甘酒が好きな私にとっては
惹かれるものばかり!

小布施甘酒住むじ
甘酒スムージー(330円)
ヨーグルト風味の甘酒という感じ。
甘酒は温かいものが好きなんですが、
これなら冷たくても美味しく飲めるな。
ついゴクゴク飲んでしまった。


夕飯を買うつもりだったんですが
弁当を食べきれるとは思えない状態だったので、
せっかく長野に来たことだし
名物のおやきを買うことに。

鍛刀ラスト
「おやき村」の茄子おやき(210円)+
「漬物老舗の高橋」の山賊焼ねぎおやき(220円)
18時ごろに訪れたのですが
特に「漬物老舗の高橋」のおやきは
ほとんど売り切れていてびっくり。
でも美味しそうなものをGETできてよかった〜

実際どちらも美味しかったです!
手のひらサイズだけどお腹にもたまる。


長いようで短かった
小柄小刀の鍛刀体験旅行もこれで終わり。
貴重な体験ができてとても楽しかったです!!
行ってよかった〜(^∇^)ノ

次回は小布施の美味しかった
食事とスイーツとお酒をまとめます。
あと少しだけお付き合い頂けると嬉しいです。




★ここまで読んで頂きありがとうございました!
ランキング参加しております↓
長野旅行 - ブログ村ハッシュタグ
#長野旅行


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply