fc2ブログ
Welcome to my blog

大手出版会社KADOKAWAならではの、本が隣にある空間でこだわりカレーを【角川食堂+ところざわさくらタウン+文スト博】〈東所沢〉

もち米

角川カレー
大手出版社KADOKAWAによる、
日本最大級のポップカルチャー発信拠点
角川武蔵野ミュージアム」。

見上げるほどの本棚に収められた膨大な書籍や、
漫画・アニメの図書館もある
本好きにはたまらない場所です。

ミュージアムと同じ敷地内にある角川食堂は、
KADOKAWA社員の食堂&まちのレストランとして
食材にこだわりを持っています。
角川食堂入り口

せっかくKADOKAWAの施設に行くのだからと
食事もそれに合わせてみました。


角川食堂のこだわりカレー


本当は単品のカレーを食べたかったけど
GWだったせいか、カレーとオムライスのセットメニュー2種類しかなかった。

HPを見た限りカレーに
力を入れているようだったので
カレーセットに決定。

ルーとトッピングを2種類選べるとのことで
以下の組み合わせにしました。

角川カレー
角川食堂カレーセット(1900円)
▽ルー
旬野菜とチキンのスパイスカレー
角川食堂ブレンドカレー


▽トッピング
ガーリックチップ
スパイス煮卵


▽ドリンク
アイスコーヒー


まず見た目が華やかです。
角川食堂のカレーはおそらく茶色い方。
醤油のような和風っぽさを感じました。

角川カレー2
野菜・チキンのスパイスカレーは
オレンジのルー方だと思われます。

チキンの中身がピンク色で
その時は火入れが若干心配でしたが
完食後数日経った今も変わりなく健康なので、
問題はなかったみたい(ˊᵕˋ;)

それとじゃがいもかと思っていたやつ、
途中から「あれ、これカブか?」と
自信がなくなってきた (^-^;)
ホクホクしつつもシャクッとしてる感じ。
皮付きで美味しかったです。

どちらのルーもスパイスが
複雑に絡み合っている為
とても奥深い味です。
なのでなかなか味の表現ができない。
美味しいのは確かです!!
辛さもそこまでではありません。

野菜も酢やドレッシングが効いた
味付けだったので
箸休めにもちょうど良いです。

角川カレーに卵
煮卵も「スパイシー煮卵」という名前だったけど
特にスパイシーさは感じなかったな…
それでも黄身がトゥルトゥルで
自分好みだったので文句なし!

とにかく具沢山で、
散らしネギやら小さい豆やら
たくさん入ってます。

味も個性も違う2つのカレーを
楽しめたのは面白かったですね。

角川カレーコースター
コースターには有名な小説の一節が。
さすがKADOKAWA。
なおこちらはセルフです。

水(HOT/ICE)、煎茶(HOT/ICE)も
セルフサービス。お茶があるのは嬉しいですね。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

店内ディスプレイ


角川食堂店内2
ガラス張りの大きな窓から
たっぷり日差しが入ります。

席の間隔はもちろん
店内全体の導線がかなり広いので
居心地は最高。
心からゆっくりできます。

なお注文は先にしてから
自分で好きな席を探して、
呼び出しベルが鳴ったら
受け取りに行くスタイルです。

角川食堂店内
席は一般的な1人掛けカウンターから
ソファー、背の低いテーブルを挟んで
向かい合わせになる4人掛けの席など様々。
自分が落ち着けるところを選べます。

角川食堂本コーナー
奥にはオススメの本を紹介するコーナーが。
小説から漫画、ラノベまでジャンルは幅広いです。

角川食堂本
この本棚にある本も読めます。

作家さん達のサインがお皿に書かれてました。
角川食堂皿

角川食堂皿2
京極夏彦先生!!?

角川食堂入り口0
読書しながら食事ができる食堂で
居心地は抜群!
とても気持ち良く過ごせました。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

文豪ストレイドッグスの博覧会


文スト展
そもそもところざわサクラタウンに行った理由は
前々から好きな「文豪ストレイドッグス」の
博覧会が開催されていたため。

そういえば現在海外で太宰治の人間失格が
若い人から脚光を浴びているとニュースで見ましたが、
そのきっかけはこの作品だそう。
やはり漫画・アニメの力は絶大です。

角はく
展示の内容は、TVアニメ最新シーズンまでの
複製原画やフォトスポット。

角文言が
アニメの原画があったり、

文ストはくアニメパネル
アニメのパネルがあったり、

文スト白衣装
舞台の衣装があったり、

文ストはく点じ
主人公が働く探偵社を再現していたり。

角はく2
基本的には話の時系列順に
原画やディスプレイが設置され、
展示を見ながら話をおさらいしていく感じです。

文ストはくカウンター
印象的なシーンのディスプレイが見所です。

部sヌトはくカウンター2
ああ〜〜〜〜(ファンにはわかるやつ)


原作者・朝霧カフカ先生が直々に厳選した
漫画内での各キャラクターの名シーンを
複製原稿で紹介するコーナーは
すごい面白かったな〜
角川マンが

作者がどういう気持ちでキャラクターを
捉えているのかわかって良かった。

文ストはく着物
今回書き下ろしの着物姿5人

一番びっくりしたのが
文豪たちゆかりの資料を間近で見られたこと。
このコーナーは流石に撮影NGでした。

文字って性格が出ると思うんですが
森鴎外はすごくかっこいい筆文字で
芥川龍之介はやたら小さい。

中島敦は小説の原稿と
息子に宛てた手紙の字体が違う
(息子に宛てた手紙の字が丸っぽくて可愛い)

…などいろいろ発見があったし、
性格や逸話なども改めて見られて良かったです。
個人的には中原中也と谷崎潤一郎が
特に変わってるというかすごい。

そういえば以前谷崎潤一郎の小説に登場する
女性たちをモデルにした着物コーデの展示会にも行ったな〜

そこのパネルにも谷崎の説明がたくさんありましたが
やっぱりあの人、他の追随を許さないほどの
真性のドMゲフンゲフン

文ストは臭いん全体
1人じゃ映れないフォトスポット(笑)
ここが博覧会展示のラストです。

文ストは臭いん2
スピンオフも含めた文ストの漫画を描いている
漫画家さん達のサイン。
文ストは臭いん

文スト博フィギュア
物販コーナーに太宰と中也の
フィギュアとドールもありました。
文スト博人形

完全に出口から出ると
アニメではなく漫画のイラストの
キャラクターがお見送り。
文スト博終わり
見応え充分でした!
ただ人が多すぎて一つずつじっくり
見られなかったことだけが残念。

若い女性はもちろん、男性の友人同士や親子連れなど、
客層は性別も年齢も幅広かったですね。
自分以外の文ストファンを見られることが
ほぼ無いので嬉しかったです(* ´ ▽ ` *)

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

敷地内の設備


角川武蔵野ミュージアムは5階建てで、
図書館からカフェなどいろいろな施設が入っています。
角川建物
見た目がすごい。
左上指が写り込んだ(;´Д`)ウワァァ

特に「本棚劇場」は
約8メートル・約2万冊を収める
巨大本棚に囲まれた空間で、まさに圧巻…

とのことだったんですが
まさかの入場チケット売り切れ。
角川売り切れ

角川武蔵野ミュージアムは
各階への入場の仕方が特殊で
初めてだとちょっとよくわからない。

本棚劇場で開催されていた
文豪ストレイドッグスの
プロジェクションマッピングを見たかったんですが
まさか博覧会とは別+階自体に入れないとは思わず…

ただ博覧会が2300円で、
加えて本棚劇場に入るのが1400円かかるのは
ちょっと予算が〜と思っていたので…まあ…うん…
(どうにか自分を納得させる)

※なお本棚劇場に入れる
スタンダードチケット1400円は、
同じ4階にある各施設と
1階の漫画・ラノベ図書館込みの料金です。
本読み放題と思えば妥当な金額…なのかな?
ただ朝からそれ目当てで来るなら良いけど
半日だと回りきれないかも。


角川オブジェ
他の施設も個性的です。

角川プールオブジェ
小さい子供がたくさん水遊びしていた場所には
日本を代表するアーティスト・奈良美智氏の作品が。
存在感。

鳥居があるということは神社がある。
それが右のガラス張りの建物。
角川のぼり

ここ神社なんだ!?とびっくりした。
ちなみに赤いのぼりに書かれているのは
KADOKAWAが出版してる人気ラノベのタイトル。

角川手帳水
手水舎もちゃんとあります。
これすっごくいい。
水が出る場所が多いし柄杓いらない。
角川手帳水2

ここ武蔵野坐令和神社
令和に入って創建された新しい神社です。

御祭神は天照大御神(=アマテラス)と
素戔嗚命(=スサノオ)。二大ビッグネーム。

神道はそこそこ知っているつもりでしたが
二柱の御祭神を総称して
「言霊大神(ことだまのおおかみ)」と言うのは
初めて聞きましたね??

この二柱の御祭神のご利益は
文芸・芸術・芸能ではなく
国土安泰とか開運とか縁結びとか、
そういう類のはずなんですが…

この神社だけ「言霊大神」として
お祀りしているのかな?
そしてこういう時いつも月読命はいない…

ともあれ神社としては
しっかりしており、
お守りやご朱印、絵馬はもちろん
ご祈祷や形代流しまで
幅広いことができます。

原稿の締切守が売っていたのも
KADOKAWAの運営施設ならではだな〜と思いました(^∇^)


角川とりい
この大きな鳥居は
日が暮れると光るらしいです(汗)


駅から続く道の途中にある
マンホールにはKADOKAWAを代表する
作品のイラストが。
角川マンホール

角川マンホール2

角川マンホール3

角川マンホール4

角川マンホール5

日本のポップカルチャーが好きな方は、
自分が興味のあるイベントを開催している時に
一度訪れてみてもいいと思います。


■ところざわさくらタウン
▼住所
埼玉県所沢市東所沢和田三丁目31番地3
▼最寄駅
東所沢駅より徒歩10分程度

駅から施設までの途中のマンホールが特徴的。
途中曲がり道等ありますが、わかりやすいです。

▼営業時間(角川食堂)
11:00~17:00(16:00 LO)
定休日:不定休




★ここまで読んで頂きありがとうございました!
ランキング参加しております↓
カフェ - ブログ村ハッシュタグ
#カフェ

スポンサーサイト



Comments 1

There are no comments yet.
さやか姫  
こんばんは

すごく、わかりやすいですね💗

2023/05/08 (Mon) 19:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply