fc2ブログ
Welcome to my blog

あの名作がクリームソーダに!【「文豪クリームソーダ」フェア】〈丸善ジュンク堂書店〉

もち米

文豪ソーダ女生徒



クリームソーダ職人×文豪の名作


日本各地の旅先で出会った食材を使って
クリームソーダを創作する「旅する喫茶」とのコラボ。

旅する喫茶のオーナーかつクリームソーダ職人の
tsunekawaさんは以前からSNSでフォローしていました。
芸術作品のようなクリームソーダを作る方なんですよ!
書籍も何冊か書いました。
特に「旅するクリームソーダ」がオススメ(*^ー゚)b グッ!
↪︎出版社リンク 旅するクリームソーダ


そんな旅する喫茶監修の
「文豪クリームソーダ」フェア、
行かないはずがありません。

丸善ジュンク堂書店の一部店舗でのみ開催されたこちらのフェアは、
前期と後期に分けて書店員が選んだ文豪5人の名作をテーマに、
各作品から得たインスピレーションを元に
オリジナルクリームソーダでその世界観を色と味で表現しています。

文豪ソーダ1メニュー
梶井基次郎の『檸檬』(前期)
室生犀星の『蜜のあわれ』(前期)
太宰治の『女生徒』(前期・後期)
文豪ソーダ2メニュー
坂口安吾の『桜の森の満開の下』(後期)
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』(後期)

できることなら全部制覇したかったんですが
流石にそれは無理があったので、
前期・後期で一番気になる
クリームソーダを食べてきましたよ。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

丸善ジュンク堂カフェのオムライス


クリームソーダの前に、通年提供されている
オムライスをご紹介しましょう。

文豪ソーダおむ
早矢仕オムライス(1300円)
オムライスに丸善伝統の
ポークハヤシソースをトッピングした一品。

ハヤシが「早矢仕」表記なのは
丸善創業者が早矢仕有的という方で、
彼が考案したからだからだそう。

ハヤシライスの元祖の一つとも言われているらしく、
書店の丸善がハヤシライスに関わりがあったことに驚きです。

ソースの色からもわかるように、
野菜が溶け込んだデミグラスソースはすごく濃厚。

文豪ソーダおむ2
甘みも強いですね。
フルーツチャツネとカラメルが入っているそうです。
個人的にはかなり好みです。

卵のトロトロ感の残ったオムライスとも相性抜群。
なお白米には特に味付けはされていません。
その上かなり大きいので、空きっ腹には嬉しいです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

太宰治『女生徒』



私はまだ読んだことはないのですが、
小説のお話としては
ある女生徒の、朝起きてから夜寝るまでの一日を描いた作品です。

思春期の女子の繊細な感情が独白形式で綴られ、
現代の多くの女性からも支持されているとのこと。

そういえば以前太宰治の「人間失格」が
アメリカの若者に大人気というニュースを
見かけたことがあります。

名作は国も時代も超えて
共感され愛され続けるものなのですね。

文豪ソーダ女生徒
で、そんな『女生徒』をモチーフにした
クリームソーダの特徴は、
青とピンクのグラデーション。

tsunekawaさん曰く
夕日の光が靄の中に溶けて、にじんで、
そのために靄がこんなに、
やわらかいピンク色になったのでしょう

という小説の中の一節から
夕陽に染まる淡い空をピンクと青の色合いで表現。

文豪ソーダ上
さらに雲をイメージしたマシュマロを
バニラアイスの上に乗せて、
淡い夕空全体を表わしています。

可愛い見た目にそこまで
深い意味が込められているとは!

なおどんな味と言われるとちょっと答えに詰まる(´・ω・`)
何だろうフルーツっぽくはないし…?

アイスとマシュマロは甘いですが
ソーダ自体はそこまで甘くありませんでした。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』



貧しく孤独な少年ジョバンニが
親友カムパネルラと銀河鉄道に乗って夜空の旅をする、
しかし旅の終わりはあまりに悲しく…
言わずとしれた宮沢賢治の名作。

確か完成前に宮沢賢治が亡くなって
他の方がラストを書いたんでしたっけ?
執筆から推敲と改訂が重ねられ、
“永遠の未完成の傑作”ともいわれているそう。
小説の存在そのものが切ないですね。

文豪ソーダ銀河鉄道
そんな『銀河鉄道の夜』のクリームソーダは
夜空をイメージした深い青色のソーダの中に
輪切りのレモンが入っているビジュアル。
レモンはもしや機関車の車輪かな?

バニラアイスに振りかけられたアラザンは
夜空の星を表しています。
文豪ソーダ2うえ

甘さよりも爽やかさが勝る味で、
すごくスッキリしていました。
アラザンの食感も楽しかったです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

まとめ



ブックカバーになる敷紙
(クリームソーダの背景に撮ったもの)は
前期・後期ともに太宰治の女生徒柄。

サーモンピンク+くすんだピンクに
白い薔薇の絵柄がレトロ感があって
大人のキュート感を漂わせます。

おしゃれで可愛くて普段使いもできる!
素晴らしい。活用させて頂きます。

文豪モチーフのメニューは以前
秋葉原の漫画喫茶にも行きましたが
当時の記事↓
文豪たちをイメージした紅茶と食事で浪漫満開!【秋葉原和堂】

個人的にクリームソーダがとても好きなので、
以前からフォローしている職人さんとの今回のコラボは
とても嬉しかったですね!

第2弾もお待ちしています!




★ここまで読んで頂きありがとうございました!
ランキング参加しております↓
クリームソーダ - ブログ村ハッシュタグ
#クリームソーダ
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply