fc2ブログ
Welcome to my blog

念願の鬼太郎茶屋で、死者の日限定・西洋の大妖怪バックベアード様に会いに行く!【鬼太郎茶屋+深大寺・調布駅周辺の鬼太郎関連地】〈調布〉

もち米

鬼太郎茶屋サンデー

10月になると世間はどこもハロウィン一色になりますが、
ゲゲゲの鬼太郎ほどの大御所になると
よりコアな“死者の日”なんですよ!!!

そして鬼太郎の世界における
西洋妖怪のボス・バックベアード
調布・深大寺の参道にある鬼太郎茶屋に来ると
たまたまSNSで見かけました。

……◆死者の日 バックベアードがやってくる!……
期間:10/21(土)〜11/5(日)
※バックベアード登場は土日祝のみ
参加無料
……………………………………………………………

なおこのバックベアードという妖怪、
ファンの間では様づけされているのですが
「このロリコンどもめ!」という画像が
あまりにも有名&人気でネットミーム化しています。
ベアード有名セリフ
迫力が桁違いなのよ(爆笑)

鬼太郎は、子供の頃からそれはそれは大好きで
妖怪図鑑も何度読み返したかわかりません。
去年も展示を見に行きましたね。

↓当時の記事
偉大な漫画家・水木しげる御大の貴重な生原稿と創作の経緯にも触れる【水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 お化けたちはこうして生まれた】

深大寺の鬼太郎茶屋にもずっと行きたいと思っていたのと、
これを逃したら次は来年か…と思い、行くことを決定!

それに最近、行きたいところがあるなら
本っ当に早め早めに行った方が良いと
考えるようになりました。
人生いつ何があるかわからん…(;^ω^)



鬼太郎茶屋 外観・ディスプレイ・妖怪ギャラリー


鬼太郎茶屋外観
深大寺の正面入り口へと続く
直線上の参道の左側が鬼太郎茶屋です。

鬼太郎茶屋外観2人
鬼太郎とねずみ男のフォトスポットに、
建物の壁には鬼太郎たちの絵。
右隣の瓦の上には大きな鬼太郎の下駄!

鬼太郎茶屋上のぬい
ちっちゃいところにもぬいぐるみが。
瓦の上にも妖怪がいます。
おとろし…かな?
下からだとよく見えない。

鬼太郎茶屋車
茶屋の斜め前にはぬりかべが描かれた
車が停まっています。
水木先生の出身地である
鳥取県のナンバープレートがついてる。

鬼太郎茶屋軒先き
お土産もたくさん売っています。

カフェはバッグベアード様との
記念撮影が終わってから
ゆっくり楽しもうと考え、
まずは茶屋全体を散策。


死者の日期間の店内は
特別な装飾がされています。
鬼太郎茶屋死者の日飾り

そしてところどころに
バッグベアード様がいる(笑)

目玉おやじ&河童の三平仕様の
ケロリンかわいいな
鬼太郎茶屋ケロリン

そして見所は何と言っても
バックベアードくじ」!!
ベアードくじ
ハズレなしで当たる商品は
全てバックベアード様!

バックベアード様による
バックベアード様好きのためのくじです(笑)
とんでもないインパクト。

なお初日は完売したそう。
すごい( ˙꒳˙ ;)
さすがですバックベアード様!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

カフェ&物販の建物の横は妖怪ギャラリー
入り口横ではテイクアウトで
目玉おやじの饅頭とソフトクリームを売っています。
鬼太郎茶屋外まんじゅう売り場


茶屋ギャラリー入り口
妖怪ギャラリーの拝観料は100円。
履物を脱いで、妖怪ポストに100円を入れて
階段を登ります。

茶屋ギャラリー水木先生全体
2階に上がると左手に水木先生の
簡単なプロフィールと貴重な生原稿があります。
茶屋ギャラリー水木先生

茶屋ギャラリー2階入り口
展示内容が時期によって変わるのか否かはわからないですが、
この時の展示内容は主に、水木しげる先生のオノマトペ(擬音)が
漫画にどのように使われているのかを解説していました。

茶屋ギャラリー1

茶屋ギャラリー2
出たー!人魂の天ぷら!

とある映画に寄せた感想について、
説明を求められた京極夏彦先生が
「魂をテンプラにするのは水木ファンにとっては当たり前」と返答して
同じ水木先生ファンが大納得したことがありましたね(笑)

人魂を料理して食べるのは鬼太郎に限らず
水木先生作品にはよく登場します。

味気になるよなあ魂の天ぷら。
食べた後に自身に起きることは度外視して… (^▽^;)

茶屋ギャラリー3

茶屋ギャラリーベアード
めっちゃ笑うやんバックベアード様

茶屋ギャラリー4

茶屋ギャラリー5
鬼太郎の技のオノマトペも。


茶屋ギャラリー地図
日本各地の妖怪を紹介した「妖怪日本地図」。
自分の出身地の代表妖怪をチェックしてみましょう♪

茶屋ギャラリー地図2
べとべとさんのフォルムが好きなんですよ…
実際に水木先生が体験した妖怪現象の一例としても
よく紹介されるからか、結構グッズでも見かけますね。

2階の部屋は狭いのですが、
何体か妖怪が隠れているので探します。
茶屋ギャラリー妖怪3
一本ダタラ

茶屋ギャラリー妖怪2
油すまし

茶屋ギャラリー妖怪
河童
隠れている妖怪の模型はどれもすごくリアルです。

茶屋ギャラリーテラス
テラス席で小休憩も可能です。
風が通り抜け、周りは木々が多く、
下に池もあって涼やかでした。

茶屋ギャラリーテラスベンチ
イエーイ


2023年11月17日から
水木しげる先生生誕100周年(!)作品でもある
鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」が公開されることもあって
ポスターも貼られていました。

ゲゲゲの謎1
それにしてもこのティザービジュアルが
不穏でおどろおどろしくて、
でもどうしようもなくかっこよすぎて
見る前からやばい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
さて、バックベアード様の登場は
13時と15時の2回だけ
30分前になったので茶屋前に移動します。

ベアード登場場所
バックベアード様と記念写真を撮るには、
カフェ横に列形成のゲートスタンドが
設置してあるのでそこに並びます。

慌てなくても、並んだ人は全員写真が撮れるのでご安心を。
小さい子供も多いので、走ったりするのは絶対駄目です!

そしてついに、カフェ横のテントから
バックベアード様が登場。
ベアードよちよち

おみ足が短いですねえ!!!

だから動きがよちよちちょこちょこしてるし
狭い道はカニ歩きだし、
え、何いきなり萌えキャラになるじゃん(困惑)
ベアードよちよち2

列に並んでいる間「バックベアード様が〜」と
喋っていた誰もが「可愛い!」の大合唱。

列に並んでいた小学校低学年であろう
小さな子供達からも
「可愛い!」
「赤ちゃんみたい!」
と言われるバックベアード様。


西洋妖怪ボスの威厳が・。゚(゚^ω^゚)。゚・


写真はスタッフのお兄さんが撮ってくれます。
だから1人で行っても平気なのだ!

やったーバックベアード様と
ツーショ撮っちゃった〜♪

ベアードとカービィ
カービィちゃんともパシャリ。

なおツイッターを見る限り
バックベアード様はかなりファン想いであられまして、
観衆に向かってお手をピロピロ振ったり
しきりに視線を変えたりとそれは素晴らしい
ファンサをされるとのことです。

時間に余裕がある方は去り際もチェックだっ!


さてさて本日のメインイベントは終了したので
カフェを利用します。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

鬼太郎茶屋 カフェメニュー


鬼太郎茶屋カフェ全景

カフェは物販コーナー奥。
利用の方法は漫画で紹介されています。
鬼太郎茶屋利用方法

入り口横にマシンがあるのですが、
券売機ではありません(最初間違えた)

鬼太郎茶屋席
死者の日仕様で、カラフルな装飾と一緒に
ぬりかべを模した席から西洋妖怪たちが顔を出しています。
席それぞれに鬼太郎たちのぬいぐるみも置いてある。

鬼太郎茶屋カフェ壁
テーブル席左側に置かれた丸テーブルの壁には、
水木先生がメキシコを訪れた時の写真と
死者の日に関するパネルが。

鬼太郎茶屋席2
右側にも丸テーブル。
椅子の座布団がちゃんちゃんこ柄だ〜!

鬼太郎カフェ内グッズ
人が座っていたので変な角度になったけど、
テーブル席の一番奥の席の横には
水木先生関連のものがありました。

鬼太郎茶屋にわの壁
おそらく死者の日以外は
カフェの庭正面から撮れるであろう
鬼太郎たちの集合パネル。


鬼太郎茶屋メニュー
思った以上にメニューがあってびっくり。
(ビールはありましたがご飯ものはありません)

通常のメニューブックは
全ページ漫画仕様なのが面白い!

鬼太郎茶屋ラテがら
ラテを頼むと自分で絵柄を選べます。

鬼太郎茶屋はなんと20周年!!
関連施設でさえこの年月です。
これだけでもゲゲゲの鬼太郎という
コンテンツのすごさを感じます。

鬼太郎茶屋死者の日メニュー
死者の日限定メニューは3品。

悩んだ末に以下2つに決定。
注文は自分でレジのお姉さんに伝えに行きます。


鬼太郎茶屋セルフ
おしぼりとお茶はセルフサービス。
HOTとICE両方ある心遣い!

なおこのお茶は、水木先生の出身地・鳥取で
昔から飲まれているという「浜茶」。

カワラケツメイというマメ科の植物のお茶で、
香ばしく味もしっかりしていて、けれど飲みやすい。

特にここ最近グッと冷え込んできたのでHOTが落ち着く〜。
ノンカフェインなのも嬉しいです。

鬼太郎茶屋サンデー最初
一反もめんの茶屋サンデー(900円)
プルプルの一反もめんの寒天に
フルーツとあんこがトッピングされています。

シロップは抹茶か黒糖のどちらか1つを選びます。
私は抹茶にしました。
鬼太郎茶屋縦長

後から知ったことですが、クッキーは
この鬼太郎の顔がデフォルトだと思っていましたが
どうもキャラクターまたは水木先生の名言の
どちらかがランダムで描かれているみたいです。
鬼太郎茶屋サンデー

この牛乳ソフトクリームが
めちゃくちゃ美味しくてびっくりした。
ミルクの味が濃厚!

一反もめんの寒天に味は一切ついていません。
フルーツ缶のみかんとチェリー、
ちょうど良い甘さのあんこも、もちろん美味しい。

下にコーンフレークがありますが、
サンデーというよりはクリームあんみつな印象です。
(クリームあんみつ自体もメニューにはありますが)

久しぶりの和スイーツうま〜( '༥' )ŧ‹”ŧ‹”


鬼太郎茶屋クリソー2
吸血鬼エリートの真紅のソーダ(700円)
名士の血をイメージした真っ赤なドリンク。
これで気分は吸血鬼エリートだ!

ツイッターの写真を見た時は
アイスが黒色に見えたのですが、
実際は普通の白バニラアイスクリームでした。
鬼太郎茶屋クリそー上

ざくろのソーダが程よい甘さなので、
チョコアイスにすると
もっと美味しくなるのでは?と思ったり。

いや、このざくろソーダが
本当に美味しかったんですよ。
さっぱりした甘さで変に甘酸っぱくもなく、
全然クドくなくて。

サンデーにもソフトクリームが乗っているのに
クリームソーダも頼んで大丈夫か?と思いましたが
バニラアイスが溶けてもなお甘ったるくならない。

鬼太郎茶屋クリソー
ミントチェリーはカクテルっぽくて
おしゃれになりますね。

コウモリの形をした黒いゼリーも入っています。
氷は大きなものが3つ、あとはクラッシュアイスなので
ストローで奥まで吸う時邪魔しない。

とっておいたらいつの間にか
底にいっていたコウモリゼリーも見つけやすいです(笑)


いや〜満足。美味しかった!
食べ終わった食器は自分で返却口に持って行きます。

鬼太郎カフェレジキジムナー
レジ横にいるキジムナー。
死者の日でメキシコの帽子と
ハロウィンで魔女の帽子かぶってる子がいる(* ´ ▽ ` *)

なおレジのところに
6期鬼太郎の聖地巡礼マップと
水木しげる先生イラストの調布ガイドが置いてあるので、
この2冊はもらった方が絶対良いです!
※1人1冊厳守です

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

深大寺


深大寺入り口
大きな寺社ですが拝観料は要りません。

深大寺本堂
深大寺は日本三大厄除け大師の1つであり、都内屈指の古刹。
開祖である比叡山の元三大師は
おみくじの創始者
でもあります。

なので、凶を意図的に少なくしている神社があるのに対し
深大寺では古来のまま、凶の数も多いとのこと。
なお凶は吉に好転する力を持っているので
そこまで気落ちする必要はありません。

そのためおみくじの元祖たるこの深大寺で
おみくじを引くことは誠に意味がある、とのこと。

まあ私は基本上半期にしか
おみくじを引かない主義なので
引かなかったんですが…

また、元三大師が疫病神を退散させた時に
鬼の姿(=角大師)になったのを
写し取ったという降魔札も推されていました。

天台宗の寺院によってその姿は
可愛かったり、怖かったりと様々らしいです。
深大寺はどっちかというと若干怖め…かな。

深大寺記念則宗
記念に則宗さんとパシャリ

深大寺金木犀
元三大師堂の前には
金木犀が花をつけていました。
秋ですね〜

深大寺わずかな紅葉
また、10月21日に訪れた時点で
ちょっとだけ色づいている紅葉も発見。

元三大師は生前並みはずれた霊力で
多くの奇跡を起こしたとのことで、
ご利益は厄除け・縁結びです。

深大寺手水しゃ
面白い形の手水舎。

深大寺書体いし
石に刻まれたものとしては
なかなか見ない書体でつい撮ってしまった。

深大寺なんじゃもんじゃ
なんじゃもんじゃの木。
なお「なんじゃもんじゃ」とは
限られた地域で自生する珍しい樹種や巨木の愛称とのこと。


深大寺のもう1つの特徴は、
東日本最古でかつ国宝の釈迦如来像
白鳳仏」があること。

てっきり宝物館にあるのかと思いましたが
本堂から少し離れたところに屋根のある特別スペースがあって、
そこで普通に見ることができました。
ただし流石に写真撮影は禁止です。


朱印はお守り等売り場とは別の場所にあります。
土曜13時半頃の待ち時間は10分程度。
全部で3種類あります。

受け取った時にお清めとして
お香の煙に朱印帳をさっと当ててくださって嬉しかった。
これされたの初めてかもしれない。


それにしてもそばの有名地だからか
深大寺の中も外も池や小さな小川がとにかく多く、
その全ての水が澄んでいて綺麗です。
深大寺ないいけ
境内内の池には大きな鯉がいる。
これ以外にも池あり。

深大寺水ぞう
境内外にある不動の滝。
灯篭の穴が三日月の形をしてるのもかっこいいなあ。

水車館とかもあります。
深大寺水車館

門前にはお店が軒を連ねています。
もちろん蕎麦屋もあります。
深大寺門前

この辺り、というかもはや
深大寺の境内だけでなく敷地を囲うようにして
池や小川があります。鴨も泳いでいました。
深大寺門前水


深大寺のバス停についた時は
数十件以上ある深大寺そばのお店でも特に有名な
「湧水(ゆうすい)」に行こうと思っていたんですが、
11時30分頃の到着でとんでもない列ができていたので
こりゃ無理だと諦めたんですよ。

でも流石に鬼太郎茶屋のスイーツだけでは
お腹が空いてしまったので、
ここで買い食いすることにしました。

ということで買ったのは
あめや」のこちら。

深大寺そばパン
そばぱん/キーマカレー(300円)
玄米粉とそば粉を使用した出来立ての
蒸しパンがフワッフワ!!!

そばの香りはしませんが
風味はどことなく感じるような。

深大寺そばパン売り場
とにかく蒸し立てなので
柔らかさと暖かさが素朴な味をより引き立てて、
同じような市販のものとは別格です。
美味しい!

キーマカレーもそば粉のパンによく合います。
後を引くような辛さではないので、
飲み物を持ってなくても大丈夫でした。

味は他に高菜・あんこ・切干大根があります。
他にちまきとかソフトクリームも売ってた。

深大寺ニシン
大黒天様と恵比寿天様がかなりの大きさでびっくり。
見たところ比較的新しい感じでした。

深大寺にしん龍虎図
隣の龍虎図も背景の竹まで掘られてあってすごかった。

梅と鳥の彫りも繊細さと躍動感がすごい。
深大寺ニシン取りほり

深大寺深沙堂
その近くにある、木陰で独特な雰囲気を
醸し出しているのは深沙堂
深大寺の隠れ縁結びパワースポットです。

水神の「深沙大王(じんじゃだいおう)」を祭る寺院で、
開祖である満功上人(まんぐうしょうにん)の両親が
深沙大王に祈願して結ばれたことから、
とりわけ恋愛の縁結びや良縁成就にご利益があるとされています。

そのためか絵馬も遠目から見て
女性がワクワクしそうなカラフルな色でした。

この隣の道を通り、裏手に回って歩いていくと
延命観音があります。

秋田県の海中から見つかったという
観音様が細く掘られた岩が祀られているのですが、
雰囲気がこれまた独特で。

木陰で若干薄暗い中、
たくさんの赤いのぼりと
祀る場所がはめ込んである石の壁、
ぼんやり光る観音様の岩に
思わず「うおっ」ってなる感じ。

ちょっと怖くて写真撮るのはやめました。
なおすぐ上には動物霊園があります。



色々回っていたら15時回の
バックベアード様が始まる時間になっていて、
流石に長居しすぎた。
撮影の列は13時の時より長くなっていました。

調布駅に戻るには、鬼太郎茶屋すぐの
観光案内所前にあるバス停から乗ればOKです!

なお観光案内所の隣には珍しい
そば守観音があります。
深大寺そば観音
右手にはそばつゆの徳利、
左手にはそばの実を持っている姿は
日本で唯一とのこと!

それにしても
ここまでピンポイントなのすごいな。

晩秋の「深大寺そば祭り」の時には
打ちたてのそばが献上されます。
今年令和5年には60周年を迎える、
歴史ある観音像です。

深大寺前そばの花
そばの花が一斉に咲いているスペースも。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

天神通り商店街・布多天神社・鬼太郎ひろば


調布商店街入り口
調布駅に戻ったら、パルコの横を通って天神通り商店街へ。

調布商店街鬼太郎うえ

商店街には鬼太郎たちのモニュメントがあります。
調布商店街鬼太郎

調布商店街ねずみ

調布商店街猫

調布商店街ぬりかべ

調布商店街でぐち
入口と出口にある鬼太郎はポーズが違います。

商店街出口の横断歩道をまっすぐ歩けば
布多天神社に到着。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
布多天神社
布神社入り口

布多天神社は多摩地方有数の古社で、お祀りしているのは
知恵や技術を授ける「少名毘古那神(スクナヒコナノカミ)と
学問の神として有名な菅原道真公。
布神社


布神社牛
菅原道真公と縁のある牛の銅像もあります。

※菅原道真公は丑年に生まれ、丑年に亡くなりました。
また道真公の遺骸を牛車に乗せたが
その牛が突如動かなくなり、その場所に公を葬った
(それが九州の太宰府天満宮)という伝説があります。

みんな撫でているのか鼻先だけツルツル。

なんとかギリギリセーフで御朱印をいただけました!
深大寺で時間使いすぎたけどよかったε=( ̄。 ̄;A

なおこちらでも受け取る際に巫女さんが
大麻(おおぬさ)=神職が持ってる、白い紙が垂れていて左右に振るあの棒
で朱印帳を清めてくださいました。
深大寺に引き続き神社でも。嬉しい。



実はこの布多天神社、境内裏の森は
鬼太郎の森につながっている
という設定なんです。

ただしその境内裏手の森は神域。
普段は立ち入り禁止で、
特別な日(ゲゲゲ忌)で布多天神社と
下石原八幡神社の特別御朱印をもらった人しか入れません。

グーグルマップに表示されている
鬼太郎の妖怪ポストもこの奥にありますが、
普段は行けないということですね。
(最初知らなくて境内横の道をずっと歩いて
変なコンクリスペースに出てしまった)

布神社もりまえ
入口を塞いでいる看板には、
この先の神域はゲゲゲの鬼太郎が棲む森であるとして
鬼太郎と布多天神社の関係が説明がされています。

この文章の締めくくりがなんとも粋。

この場所は、鬼太郎が棲む森へとつながる入口の一つである。

神社側がこう明言してくれるって
すごいことだと思うんですよ。

改めてゲゲゲの鬼太郎および水木しげる先生という
存在の大きさを感じます。


それにしても、小さい頃はゲゲゲの森で
ゲゲゲハウスに行ってみたいと切に思ったものですが
それが今、大人になって自分1人でその近くまで来れた
事実が感慨深いです。


すっかり夕方で社務所も閉まり、
この時刻の神社に長居するのも迷惑だと考えたので
このあたりで切り上げ。

まだもう1箇所行きたいところがあるので!
それがここ↓

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
鬼太郎ひろば
広場鬼太郎
鬼太郎たちのオブジェやモチーフ遊具がある公園です。

グーグルマップで見たら
他に「鬼太郎公園」というのもあり、
それは公園の看板が水木先生の直筆だそう。

ただ距離が双方真逆なのと、
駅に近く妖怪オブジェがあるのはこっちです。

広場やまびこ
やまびこのベンチ
これ小さい子供怖がるんじゃないか…?

ひろばぬらり2
ぬらりひょんの縁台
こっちも結構リアル。

広場ぬらり
お膝の上ぽよ!

広場ぬりかべ
ぬりかべクライミング
良いアイデア!

広場トイレ
トイレには原作絵のねこ娘、
あとねずみ男もいます。

広場トイレ2
ピクトグラム可愛い!

広場河童
河童の三平オブジェ
左右奥にもキャラクターがいますね。

広場下下ハウス
鬼太郎の家の滑り台
うわーーーー!
これ子供の時来てたらずっと遊んでたやつ!
再現度かなり高いのでは!?

広場下下ハウスポスト
妖怪ポストもちゃんとあるし
中にはちゃぶ台と目玉おやじもいる!

ハイそうです小さな子供に混じって
中に入りましたよ!
広場下下ハウス中

流石に滑り台からは降りませんでしたが…
だって周りの目が…
あとこの時現代風の着付けとはいえ
着物きてたから無理(笑)

広場下下はいす2
おやじさんだいぶ年季が入ってる

広場一反木綿
一反もめんの遊具
おお面白いな。
いろんな遊び方ができます。
正面から撮れば写真映えもしそう。

広場最奥
公園の最奥は京王線の電車を
ベストポジションで眺められるようになっています。
ご丁寧にベンチもある。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

おわりに


鬼太郎茶屋手ぬぐい
鬼太郎茶屋に行った記念に
真ん中の柄の手ぬぐいを買いました。
各キャラのデフォルト顔すごい可愛い。

着物でお出かけする時便利なので
ずっと手ぬぐい買おうと思ってたら嬉しい。

なお、キーホルダーや手ぬぐいくらいの
小さなグッズは0円のレジ袋がもらえます。
ゲゲゲ手ぬぐい
目玉おやじの絵が可愛くて捨てられない!
(他のサイズは全部有料)

鬼太郎茶屋レジでんし
レジ横の電光掲示板?は
時間ごとにメッセージが変わります。
おそらく4種類。

鬼太郎茶屋レジ電子2
これの他、「エロイムエッサイム」と
「水木先生あの世探索楽しんで!」というメッセージも。
泣ける


いや〜最初どうしようかなと思ってたんですが
バックベアード様に背中を押され、
やっぱり行って良かった!大正解でした。

ゲゲゲの謎2
鬼太郎の映画も超絶楽しみです!!!
とりあえずパンフは絶対に買う!

鬼太郎茶屋ラスト
【鬼太郎茶屋】
▼住所
東京都調布市深大寺元町5-12-8 ※深大寺門前

▼最寄り駅
調布駅以外にもいくつか最寄り駅はありますが、
いずれにしてもバスを利用しないといけないのが若干面倒です。

調布駅からだと北口(中央口)から出ると
目の前にバスターミナルがあるので、
そこの深大寺行き(11番or12番)に乗ります。

▼営業時間
AM10:00~PM17:00(カフェのL.OはPM16:30 )
妖怪ギャラリーの最終入場は16:45
定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌日に振替)




★ここまで読んで頂きありがとうございました!
ランキング参加しております↓
カフェ - ブログ村ハッシュタグ
#カフェ


スポンサーサイト



Comments 1

There are no comments yet.
さやか姫  
こんばんは😊

死者の日とは初めて聞きました。

2023/10/28 (Sat) 17:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply