fc2ブログ
Welcome to my blog

オトナ乙女のロマン溢れる!【HANABAR】〈池袋〉

もち米

花サムネ

池袋駅西口から徒歩で目指すは、
ドライフラワーがアンティーク調の店内を飾る
シックなオシャレ空間。

HANABAR(ハナバー)」が新たに提供し始めた
お花のマフィンを目当てに初来店しました!

花外観
入り口から店内の全景が見えるほどの小さい
全12席のお店なので、日によっては並びます。
私が行った時も、平日の昼間にも関わらず結構並んでいました。

花店内

花天井

花店内3

花天井2

壁と天井に飾られたドライフラワーはもちろん、
額縁やアンティークの照明も非日常空間を演出します。
きらびやかではなく、しっとりと落ち着いた雰囲気がとても良き。

2人席は壁沿いのウッドテーブル&チェア。
花店内4

1人or2人ならカウンター。
花テーブル

案内されたカウンター席のテーブルは
青を基調とした東欧を思わせるようなタイルで、
これまたオシャレです。

今回は、お花のマフィン3種とドリンクをオーダーしました。
花メニュー

HANABARさんのメニューは全て、
エディブルフラワー(食用花)とハーブを使用しています。
味はもちろん色も着色料ではなく、全て花や野菜本来の色素です。

カクテル
「オプティミスト」(900円)
3種類のベリーとライムの柑橘が合わさった、
見た目もキュートなカクテルです。

カクテル2 2
上に飾られたビオラだけでなく、実は氷の中にも花が!
アルコール・ノンアルコール両方選べます。

私はアルコールにしましたが(昼間から)、
味はオシャレなジュースといった感じ。

ベリーの酸味よりも甘みが強く出ていますが、
柑橘の爽やかさも感じられるので、
喉に張り付くべたっこさは一切なし。
冷たくてフルーティーで、ついゴクゴク飲んでしまいます。

マフィンメニュー
マフィンのメニュー表は手書きのイラスト付きで可愛い。
全て500円、結構大きいサイズです。

抹茶とローズのマフィン
マフィン1

抹茶×ローズ×ホワイトチョコの王道の組み合わせ。
花1−1
まあ外れるはずがないですね。美味しいです。

ローズは味としてはそれほど強く感じませんでしたが、
抹茶のほろ苦さとホワイトチョコの優しい味が
口とお腹を満たしてくれます。

レモンとクリームチーズのマフィン
マフィン2

レモン果汁×レモンピール×クリームチーズ×タイムの組み合わせ。
マフィン2−2
個人的は一番美味しかった!
生地にレモンピールが練りこまれているので、
フォークで切った瞬間からレモンが香ります。たまらない(*^~^*)

レモンの爽やかさがもっちりと温かいマフィンに溶け込み、
さらに中の大きなクリームチーズにタイム独特の
ハーブの味とも上手くマッチしています。
コクとボリュームがあるのに全然重くないのも驚きでした。

ラベンダーとサワーチェリーのマフィン
マフィン3

マフィン3−2
こちらは期間限定と言われたので、迷わずオーダー。

生地にラベンダーが練りこまれていて、
中にはごろっと甘酸っぱいサワーチェリーが入っています。
ハーブの風味も合わさって、大人だけど優しい味です。

マフィン全体
マフィンはどれもしっとり食感で、一般的なマフィンと違って
パサついていないし、甘ったるくもないのでペロリといけちゃいました。

その他、無花果とカルダモンのマフィンもあるのですが
とはいえ流石にこの大きさのマフィンを
4個食べるのは無理なので、今回はお預け。

HANABARさんのランチ「イエローカレー」も気になるので、
また来店する機会があればその時に頼もうと思います。


店員さんもすごく気さくで優しい方でした。
カービィのねんどろを映して撮影している姿をガッツリ見られてたんですが(汗)、
でも「それカービィですよね。カワイイですね!」と朗らかに笑ってくださって…!

やはりカービィちゃんはどこへ行っても人気者(`・ω・´)キリッ
(落ち着くところソコ?)
(そうです)

店員さんもお客さんも、みんなお店の雰囲気と
料理を楽しんでいる、ステキなカフェバーでした!

なお、マフィンと一部ドリンクはテイクアウトもできます。
混雑していたり、ちょっと時間がない時にも嬉しい対応です。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply