fc2ブログ
Welcome to my blog

2016年山口旅行withカービィちゃん(2)

もち米

2日目
あきよしだい

松田さんがレンタカーを借りて下さったので、まずは秋吉台へ。
ビルなどの遮蔽物が一切無い、広大な野原に圧巻。
秋吉台と言えば鍾乳洞が有名ですが、今回の旅では萩に重点を置きたいので
それはスルー。すぐ車に戻り、萩へGO。

しかし途中、『松陰記念館』を見つけたので立ち寄りました。
kinenkan.jpg
比較的最近できたものらしく、どこも真新しい感じです。入館は無料。
車じゃないと、来るのは難しいなと思います。

まず外には維新志士たちの像が。
特に目立つのはこの像。
kinenkandouzou.jpg
左から高杉、松陰先生、久坂さん。

館内のジオラマも凝ってます。
ボタンを押せば、どんな授業をしていたかの再現音声も再生され、
当時の松下村塾の様子を思い描く事が出来ます。

tamashii.jpg
「魂に響く授業ぽよ・・・」

他にも、当時の旅装束の詳細とか、留魂録を現代語訳したパネルとか、
松陰先生にまつわる様々なものが公開・紹介されていました。

普通の博物館などに比べると、規模的にも展示数は少ないですが、
松下村塾好きなら一度は訪れても良い場所だと思います。

松陰記念館
未来に進め!

あと、すぐ隣には物産展もありました。
そこで見つけたのが、

garasu.jpg
萩ガラス、めっちゃキレイ!

クラック水晶のように意図的にヒビを入れる事で、
光をより反射して美しく見えるようにしているとか。

ただその分割れやすいみたいで(まあガラス製品はどれもそうですが)
「割れ物持って移動するのは怖いなー、後で別の店で買えばいいかー」と思い、
この場では買いませんでした。

その結果、土産物屋自体見つからず手に入れられませんでしたorz

ウソだろΣ(p´;Д;`)q!?
京都とかだったらところどころにあるのに…!
有名な観光地なのに土産物屋が全然無い(せいぜい萩の城下町に一件程度)

いや本当に全くの想定外でした・・・
こんなこともあるってわかったので、次回から気を付けよう。


そんなこんなありましたが、ついにきました、萩!
ずっと憧れてた萩の城下町~!すっごいいい匂いがするんですよね、
萩と言えばみかんの香り。

幕末に日本にやって来た外人が
「ここは香水を焚き染めているのか」と言った気持もわかります。

似たような道が続いているのでちょっと迷いそうですが、
それほど大きな場所でもないので道なりに行けば特に問題なかったです。

takasugiie.jpg
雑誌やTVでほぼ必ず映る高杉晋作の生家!
感動です!!

現在も実際に人が住んでいるので見学スペースは限られますが、
高杉さんが生まれ、過ごした息吹を感じる事ができます。

takasugi.jpg
展示物の中には坂本竜馬が高杉にプレゼントしたピストルなどもありました。
ふおお、すごい・・・!

次は桂小五郎の生誕地!!
銀魂の影響を抜きにしても、維新志士の中で一番好きなのが桂さんなので感無量です。

katuraie.jpg
家は高杉さんのものよりも広くて大きい。

子供の頃の手習いの書とか(7歳でこの字の美しさはありえないんじゃねレベルでした)
柱に彫った落書きとかを見る事が出来ます。
写真もいっぱいありました。
20歳までここに住んでいたそうです。

さらに城下の中を進むと、高杉さんと伊藤博文が子供の頃よく訪れたという神社を発見!
jinjya.jpg

高杉さんが子どもの頃、度胸を付けさせるためにと、
親に連れられ見せられたという大きな天狗の面も実際に見る事が出来ます。
なかなかの迫力でした。確かに子どもにとっては怖いかも。

住職さんと売店のお姉さんが凄くおしゃべりな方で、色々豆知識を教えて頂きました。
あと以前、ここコナンの推理の舞台にもなったそうです。
色褪せたパネルも置いてありました(笑)

にしても、萩だけで歴代総理大臣が8人も出てるってとんでもない話です。
外部大臣とか入れるともっと多い。
全ては関ヶ原の合戦から始まっているとおもうと、歴史ロマンを感じます。


お昼は萩の城下から少し離れたお蕎麦屋さんへ。
soba.jpg
saida.jpg
ここの「だんだん蕎麦」は有精卵・山芋・茎わさびをそれぞれつけて食べます。
長州地サイダーもみかん味の微炭酸でこれまた美味!
変に甘すぎず、凄くさっぱりした涼やかな味でした。これ好き(´∀`)

完全に萩の城下町を離れて進むと、商店街が見えてきました。
ここを通り抜けた先、高札が掛かっているところの右手に、
地元民の松田さんオススメのお店があるとの事。

okasiya.jpg
多分勧められなかったらスルーしたような小さなお菓子屋さんです。

相当なお歳であろうおばあさんが一心不乱に焼いている大判焼きを購入。
驚くべきはこの中身。

oobaiyaki.jpg
この量!!
皮のギリギリまでぎゅうぎゅうの白あん!スゴイ!
普通の大判焼きはここまで餡入ってない。

できたてアツアツのをもらい、餡も上品な甘さで全然クドくない。そして腹にたまる。
しかも安い!!120円前後くらいだったかな?

観光ガイドには載っていなさそうな小さなお菓子屋さんだけど、すっごく美味しかった!
もしまた来ることがあればぜひリピしたい(*’3`b)

meirinkan.jpg
次は明倫館!
剣道をやっている人が見ると、思わず「気合が入る」と
感嘆するらしい板張りの道場がありました。
此処で剣道をすると、踏み込んだ足がバアンと
周りに木霊して凄い迫力になるそうです。

ガイドのおばさんが丁寧に教えてくれました。
あとここ、実は今小学校になっていて、卒業式の日にだけ開く門があるそうです。
いいなあそういうのかっこいい。

元は藩主が公式行事を行うために通る時しか開かなかった
「表御門(南門)」というものがそれです。
(「花燃ゆ」では普通に主人公の文が出入りしていましたが、
本来はありえないんだそうです。時代考証ェ・・・)


松陰神社キター━━━(゚∀゚)━━━
そして!此処が!松下村塾です!!

jyuku1.jpg
jyukuzen.jpg

まず驚いたのは、想像以上に小さい事。
生徒達が自主的に増築して今の松下村塾になったんだそう。

奥にはここで学んだ多くの維新志士の写真があります。
ここから日本が変わっていったと言っても過言ではない場所。震えます。

その後萩城に寄ってから車で戻る途中、せっかくなので笠山展望台にも行きました。
あいにくの曇り空だったんですが、日本海を一望できました。
晴れた日の夕暮は素晴らしいらそうです。

さらに近くの浜に降りてパシャリ。
nihonkai.jpg
なんか日本海って感じ。

帰る頃には辺り真っ暗。
正真正銘の真っ暗。
moyorieki.jpg
これ夜8~9時の駅なんですが、この暗さはヤバイ・・・(゚д゚lll)
これが家の最寄駅ってのはちょっと・・・

夕飯は回転寿司だったんですが(のどぐろがあんなに美味しいなんて知らなかった)
帰ってからも食べるよ!旅行先で太るだ何だなんて気にしてられるか!!

大判焼きを買ったところで一緒に購入した萩ういろうを、萩焼の器に淹れた緑茶で。
uirou2.jpg

メッチャ美味い!
名古屋のういろうとは全く別物と言っていいと思います。
変にプルプルツルツルしてなくて、味がしっかりついてる。

これ、駅の土産屋で売ってる「いかにも高級」ってやつより
個人的に美味しいと感じました。
これ自家製かーすごいな。

あの大判焼き屋、家族経営っぽかったけど、
あのおばあちゃんが引退されたら食べられなくなるかも、と思うと凄く貴重。
うん、リピ確定。萩行く機会またあるかわからんけど・・・

とにかく2日目は念願の萩に行けて大満足(*´∀`*)
萩ういろう
スポンサーサイト



Posted byもち米

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply