fc2ブログ
Welcome to my blog

珈琲とアートに囲まれた隠れ家的カフェのプリンは、愛好家も唸る味!【豆電coffee】〈赤羽〉

もち米

全国のプリン好きが絶賛しているというお店です。
ネット記事などでも取り上げられていますね。
豆電オーダー

食べログの最寄駅は赤羽岩淵駅になっていますが、
基本は沿線に沿えば辿り着けるので、
赤羽駅からでも余裕で歩いていけます。

豆電プリン1
豆電プリン(400円)
純喫茶のプリンといえば、を体現したかのような
銀の皿に乗った固めのプリン。
その上にどっしりと添えられたホイップクリーム!
素晴らしい造形美です。

豆電プリン上
溢れそうなカラメルソースもそそる〜(*´﹃`);

カラメルソースは苦味と甘みの割合が絶妙。
もはやこのカラメルだけですでに美味しい。

プリンは舌でずっと感触を楽しんでいたいくらい
滑らかだけど、しっかり噛んで味わえる固さで
食べ応え充分。卵の風味も濃いです。
市販ではまず食べられない味ですね。

豆電プリン
カラメルとプリンが濃厚だから、
クリームは甘さ控えめ?と思うほど。

単体で食べたらちゃんと甘いけど、
胃にもったりくるような感じではない。
クリームも計算されている感じがする。

これを求めて遠方から来る人もいるそうですが、
確かにプリンが好きならたまらないかも。


豆電コーヒー
アイスミルク珈琲(400円)
コーヒーの深みをしっかり感じられるし、
ミルクで飲みやすくなってます。

コーヒーとミルクを、相性が良いから
単に混ぜたんじゃなくて、
最初からきちんと計算して調和されているような…

アイスコーヒーと一緒くたにはできない、
これは「アイスミルク珈琲」という飲み物だと
個人的には思いました。
プリンのお供にも最適です!

もちろん、コーヒーのコクをより感じたい方は
こちらも名物の「豆電コーヒー」等
ホットコーヒーを頼んでも良いと思います。


豆電店内0
店内は主に1名用のカウンター席と、複数名用のテーブル席・ソファ席。
こぢんまりとしたお店ですが、テーブルや壁にはカラフルな絵画や写真、
可愛い動物の置物などが並べられています。
豆電店内1

豆電店内2
軽快なジャズがBGM。
豆電店内4
店内も外の光がたっぷり入ってとても明るく、
綺麗に整頓されたおもちゃ箱のような、
メルヘンチックで遊び心を感じられるお店です。

豆電入り口
閉店時間は15:00のようなので、
ちょっと余裕を持って行った方が良いかもしれません。

全席禁煙で、客層も落ち着いているので
カラフルな不思議空間でほっこりしたい方にもぴったり。
良い体験ができました!
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply