FC2ブログ
Welcome to my blog

味わうのは、「非日常」と「静謐」【アール座読書館】〈高円寺〉

もち米

アール座店内
一般的な喫茶店とは全く異なる、
非日常空間で一人の時間を楽しめる場所。

私語厳禁のブックカフェとして
高円寺ではかなり有名なお店ですね。
アール座メニュー

座席は全部で9席。
それぞれコンセプトが違うので、
座る席によって楽しみ方も変わりますよ!
混んでいない時は自分の気になる席に座ることができ、
途中で移動も可能です。

アール座せき
今回私が座ったのは、万華鏡が見られる席。

森の中でひっそり天体観測を楽しめるような、
そんな不思議な魅力があります。

アール座席景色
万華鏡のやり方は
メニュー表の後ろに書いてあります。

なぜか魚が入っている鳥かごをどかすと下に穴があり、
引き出しからスコープを取り出して
手前のボタンを押すと光が灯って
自動的に万華鏡が回る仕組み。
アール座席2

シックで落ち着いた色合いの
万華鏡を見て楽しんだら、
オーダーしたものが運ばれてきました。

キャラメルバニラが人気らしいのですが、
この日はちょっと暑かったので
冷たい飲み物をチョイス。

アール座ドリンク
オレンジショコラ・IC(700円)
相性抜群のカカオとオレンジが
アイスコーヒーの中で合わさっています。

オランジェット(オレンジピールにチョコがかかってるお菓子)が
とても好きなので、これはまさにドンピシャ!
めちゃくちゃ好みの味です(*´Д`)ウマー

なお食べ物はクッキーやブラウニーといった
簡単なお菓子のみ。
一人でゆったり読書を楽しめるよう、
あえて飲み物を充実させているそうです。

アール座照明
昼でもランプが灯っていてとても綺麗。

アール座水槽席
別の席には大きな水槽が!

アール座店内5
ミニ水槽席もあり。

アール座店内3
ステンドグラスのランプがある
席も素敵です。

アール座店内6

アール座店内4
二人がけの席もわずかにありますが、
向かい合わせの席はありません。

中には引き出しにジオラマがある席もあるとのこと。
ぜひ実際に足を運んで見つけて欲しいです!

アール座上

アール座店内7
ぎっしりした本棚には、美術史の本や
歴史本、小説、古い漫画など多彩なジャンルが。
私は純喫茶特集の本を読みました。
ここアール座読書館も載ってましたよ。

アール座剥製
かっこいい剥製。

アール座棚2
棚の空いた場所にもディスプレイが。
この空間にぴったりな古いカメラから・・・

アール座棚3
セピア色の写真と映写機?のようなもの、
可愛いガラスの置物。

アール座棚1
原始人が使いそうな石の斧まで(笑)

また、メニューには「お手紙セット」という
面白い内容もあります。
アール座手紙セット概要

アール座手紙セット
羽ペンとインク、
シーリングスタンプって一度は憧れますよね・・・

ワクワクする他ない文具を借りて、
大切な人に手紙を書けます。
店内にポストもあるという親切設計。

アール座店内2の5
ここしばらく、こんなに静かな時間を
過ごしかことがあったかなと思うほど。

本当に静かで、床を歩く時の木が軋む音や
つい背もたれに肘をドンッとぶつけた時など
結構大きな音がするので
その辺りは気を遣います ( ̄▽ ̄;)

ですが全くの無音で
寂しいということではありません。

コポコポという水槽の音
ペラリと本のページをめくる音
ポットから紅茶を注ぐ音
グラスの氷をカラカラとかき混ぜる音
そよそよと窓から聞こえる、わずかな風の音・・・

少し物悲しいピアノのBGMも、
なんとも心地よい。

日々の雑音に慣れていればいるほど、
このお店の静謐な空間に感動します。

アール座店内2
何より感動したのは、
座席の引き出しにある膨大な数のメモ帳。

これまで来店した方の感想が書いてあり、
「上京してきた!」「恋人が可愛い」
という身近にあった嬉しいことやほっこりする話から、
どうしようもない悩み、苦労している身の上話など
様々な人が送っている人生の一欠片が綴られています。

中には、過去の感想に別の誰かが
コメントしているものも。

同じ時代の同じ国に生きているのに、
こんなにも自分と人は違う人生を歩んでいるのかと
改めて驚きました。

顔も名前も知らない人の、小さなメモ帳の
わずか1〜2ページでここまで感動するなんて。
そのどれもに共感したり、同情したり、
たくさんの感情を受け取って、
自分の心の奥からも感情が湧いてきます。

ただ内装が素敵なだけじゃない、
ここには普段の生活の中でも、
本を読んでも得られない、生の人の人生を知ることができる。

みんな何かに悩んで、苦しみながら生きていて、
でもその中で希望を見つけたり努力をして
乗り越えようとしているんだなとわかります。

そして自分もまた孤独ではないのだと、
メモ帳の1ページ毎に思い知ることができて
つい目頭が熱くなりました。

アール座扉
いや本当にこんなはずじゃなかった・・・(´∀`;)
ここまで心を揺さぶられる深い体験ができるなんて。

星の王子様も、なんだかんだ初めて読みました。
ここに来て、あの席に座らなかったら
ちゃんと読まないままだったかも。

アール座かんばん
誰かの人生を垣間見れるメモ帳。
幻想的で遊び心のある内装。
ドリンクの値段以上の価値の、
心地よい静謐そのものを味わえる体験。

どれも素晴らしかったです。
ここ最近行ったお店の中で
ダントツに居心地が良かったですね。

たまには一人になりたい、
都会にいるけどいっとき喧騒から離れたいという方は
ぜひ訪れてみてください!

アール座入り口
ちなみに同じ建物の3階には
お喋りができる系列店「エセルの中庭」もあります。

こっちも童話のような非日常メルヘンな世界が
広がっているそうなので、必ず行くぞ!

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply