fc2ブログ
Welcome to my blog

常に予約満席!星空に憧れた海の底で、幻想的なひと時を。【Andart 海と宇宙と鉱物とカフェ】〈仲御徒町〉

もち米

アンダーと12月ラピ全体
こちらは海と宇宙と鉱物をテーマに、
Tokyoの海にこっそり隠した
ちいさな宝箱のような 秘密のアトリエ
」として
営まれているギャラリーカフェ。

料理も世界観もとにかく美くて大人気!!
メディアにも取り上げられています。



Andartのルール


こちらのお店はルール厳守。

お店の雰囲気を壊さないように
基本は会話NG、するなら筆談で。
オーダーも囁き声でします。
写真は手元と料理のみ撮影できます。

また繊細な食器を扱っているため、
ぬいぐるみやマスコット等は
食器に接触してはいけません。


私もカービィとワドルディの手足を
ちょこちょこ調整してどうにか自立させたり、台座を使ったりして
触れないギリギリのところで撮影しました。


基本はセットメニューのオーダーが必須。
食べ終わった後に追加オーダーで
さらに気になるメニューを食べることも可能です。

時間制なので、良く考えてオーダーしましょう!


トーストセット/トースト+ソーダ水+珈琲ゼリー


※1320円
アンダーマヨ玉全体


アンダーマヨ玉拡大
マヨたまトースト
このビジュアルに惹かれない人って
いるのかと思うくらい最高ですね。

黒胡椒が強く香り、
食欲をそそります。

パンの耳までカリッカリで、
切り分ける時のザクザク感も良いです。

卵が絶妙な半熟具合で、
ナイフで割ると黄身がトロットロ、
白身はぷるぷる!
アンダーマヨ玉2

濃いマヨネーズとの相性は当然抜群。
なんだこれ美味しい。昼ご飯にもぴったり。
結構ボリューミーです。



宙色のクリームソーダ


アンダー空クリソー全体
思わずハッと息を飲む
美しいグラデーション。

ガラスのグラスと
コースターも涼しげです。

アンダー空クリソー2
味はぶどう、
星はホワイトチョコレートです。

これまでいろんなクリームソーダを
飲んできましたが、
こんなに上品な味があるか…!?
とびっくりしました。

アンダー空クリソー

正直、私はアイスでもジュースでも
ぶどう味のものは「大好き」というほどではないのですが、
これはすごく美味しかった!

また、この小さな惑星のようなバニラアイス。
これが雲のようにグラスに広がって
溶けていく様があまりにも美しくて。
アンダー空クリソー飲み進め

クリームソーダはアイスが溶け出すと
全体が濁ってしまい
見栄えが少し悪くなるものですが、
このクリームソーダは
紫と水色の幻想的なビジュアルを全く損なわせない。

今まで食べてきたクリームソーダの中で
一番美しいです。感動!




珈琲ゼリー


アンダーコーヒーゼリー
雑味がなく、コーヒーの苦味がクリアです。
トゥルンと舌で滑ります。

魚型の小さなパイも可愛い。




夜空のハーブティー


※追加単品660円
アンダー夜空ティー全体
小さな星の金粉が浮かんでいる様が
とても美しい。

光の当たり方によって、
紫にも青にも見えます。

アンダー夜空ティー
もともと特徴的な味のないバタフライピーに
アップルやオレンジピール、
レモンピールがブレンドされているため
ほのかに淡いフルーティーさを感じられます。

アンダー夜空ティー砂糖
ちょっと物足りなかったので砂糖を追加。
この貝殻のようなカップ&ソーサーも素敵です。



さて、この時来店したのは5月。
次に来店できたのは12月。

本当はもっと早く、
何なら誕生月の6月に再来店したかったのですが…
なぜこんなに間が空いたかというと、

単純に予約が取れなかったから。


いやほんと予約が取れない。

席数が7席ほどしかなく、
基本は土日しかオープンしていません。

またカフェ利用は完全予約制。
ツイッターで予約開始が伝えられます。

運よくそのツイートを見られれば取れるのですが、
ツイートから1〜2時間も経てばもう全部埋まっている…
その時ツイッターを開いているかどうかで
予約が取れるかが決まるも同然。

「季節のパルフェ」は
その月の誕生石をモチーフしたメニューなので
6月のムーンストーンのは食べたかったんですけどねえ〜!
こればっかりはしょうがない。

ですがどうにか再び取れたので僥倖です!


初回来店時の5月のパルフェは
エメラルドをイメージしたメニューでしたが、
味が苦手なミントだったので見送り。

12月はオーダーしましたよ!


季節のセット(12月)/パルフェ+季節のドリンク


アンダーと12月ラピ全体
通常は1430円で季節のメニュー+ソーダ水 or 紅茶のところ、
飲み物を季節限定ドリンクにしたので
実際は上記+150円です。


ホットミルク
アンダーとホッとミルク
季節限定のドリンクです。
大きなマシュマロ1個付き。

一口飲んで「おお、甘い!」
寒い日に飲みたい甘さです。人肌の温度もホッとする。

バタフライピーでほんのり青く、
夜空のハーブティーと同じく浮かぶ小さな金の星も綺麗。
アンダーとホットミルクアップ

ちゃんと淹れたホットミルクって
こんなに美味しいんだな…
(いつもマグカップに牛乳入れて
レンジで適当に温めて膜も気にせず飲む民)


誕生石のパルフェ
アンダーと12月ラピ上
ビジュアルからしてもう…!
ため息が出るほど美しい。

「 12月の誕生石のパルフェ 」、
去年はターコイズだったそうですが、
今年はラピスラズリ。

味はミルクと珈琲です。
上の深い青色ゼリーは特に味はしませんが、
その下にはまた青いパンナコッタとミルクゼリーが。

アンダーと12月ラピ仲
さらに中にはコーヒー味の丸いシャーベット。
コーヒーのクリームも少量入っており、
食感のアクセントにクルミとフレーク、小さなスポンジも。
星はホワイトチョコレートです。

食べ進めるのが楽しく、
甘すぎない優しい味です。

ホットミルクと合わせ、
寒い冬のための
美しいデザートメニューです。

さらに追加でこちらをオーダー。



海色のクリームソーダ


※単品追加770円
アンダーと海色クリソ
空はぶどう味でしたが、こちらはラムネ味。

「あの夏の日のラムネ!!」みたいな
懐かしいTHE・ラムネです。

アンダーと海色クリソ上
ちょっとストローをさすだけで
小さくシュワシュワッと音がするのもまた趣ある…

そしてこちらも、バニラアイスが溶けていく様が
美しくてつい見惚れてしまう。
アンダーと海色クリソ混じり

まさにグラスの中に広がる小さな海。
透き通った南国の海を思わせる
クリームソーダです。




店内ディスプレイについて

店内は星や魚の尾ヒレのような
ガラスのランプに照らされています。

ターコイズブルーの壁には
小さな額縁が飾られ、
鉱石やクラゲ等の淡いイラストが。

ぼんやり光る地球儀、
貝や鉱石、砂時計、オペラグラス等のディスプレイと並んで
鉱石・宝石のアクセサリーや貝モチーフの食器が売られています。

オリジナル紅茶も買えますよ!

「 星に願いを 」フレーバードティー

オンラインショップではすぐSOLD OUTになるほどの人気。
実際に香りを嗅いで、
「人魚の涙」と「氷晶の記憶」を買ったので
飲んだらレポを上げます!


アコーディオンとピアノの
柔らかくて優しいBGMは、
深く穏やかな海の底を連想させます。

席は来店順に空いている好きな席に座れます。
それぞれディスプレイが違うので、
ここでも来店毎に違う楽しみ方ができますよ!

アンダーと外観

海や空、星といった
神秘的な青い世界が好きな人には
たまらない空間です!

また行きたい。予約が取れたら!!


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply