fc2ブログ
Welcome to my blog

深い紫の食べる宝石と、雨天を祈りたくなる限定メニュー【Andart 海と宇宙と鉱物とカフェ】〈仲御徒町〉

もち米

2月の誕生石はアメジスト。
宝石言葉は「誠実・心の平和・高貴」など。

今回も予約が取れたAndartさんで、
限定パルフェとクリームソーダを堪能してきました。
加えて、通年だけれど限定のメニューも…!

ではでは、まとめていきます─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ ↓


編んだと2月全体2
シーズナルセット(1580円)
=誕生石のパルフェ+誕生石のクリームソーダ(セット価格に+150円)

2月の誕生石のパルフェ、アメジスト
ブドウ&クリームチーズ味です。

編んだと2月パルフェ
メタナイトに色味ぴったり!

ブドウの果汁と果実の爽やかなゼリーの中には、
砂糖をまぶした星型の寒天ゼリーもプラス。

編んだと2月パルフェ側面
チーズクリームと干し葡萄が
さらに味と食感を加えています。

真ん中に隠れているのは
丸いブドウのシャーベット。

これまで食べてきたパルフェには
主にグラノーラが入っていましたが、
今回はチョコフレーク

このチョコフレークとブドウ、
干し葡萄、クリームチーズが相性抜群なんです!
美味しい(๑´ڡ`๑)

編んだと222月パルフェうえ
さらにブドウのゼリーは、よく見ると
赤紫と青紫の2種類あるんですよ。
どうりで深い紫の色が出ているわけだ。
細かい…!

美味しすぎて、グラスについた
クリームも全部すくい取るように食べました。

Andartさんのブドウ味のスイーツは
本当に美味しい。


編んだと2月クリソ行き
この誕生石のクリームソーダもブドウ味です。
赤ワインみたいな色…美しい!
クリームソーダではなかなか見ない色です。

ブドウ味のクリームソーダは
通常メニューの「宙色のクリームソーダ」もそうですが、
それよりも味が深くて濃い感じ。

編んだと2月クリソ側面
アイスが溶けていく姿も相変わらず
一つの芸術作品のようです。






そして、来店したこの日は雨でした。
Andartさんでは、通常メニューながら
雨天限定のドリンクがあるんです。

ただでさえ予約を取るのが難しいAndartさんで、
さらに頼むのが難しい限定モノ…
楽しんできましたよ!!

編んだと雨全体
ペトリコール (単品880円)
これが雨の日限定の、スミレの香りがするソーダ水です。

なお、公式曰くペトリコールとはギリシャ語で
「石のエッセンス 」という意味で、
雨が降った時に地面から立ち昇る匂い
のことを表すとのこと。

編んだと雨上
わたあめはふわふわの雨雲をイメージ。
ここにレモンの爽やかさが効いた
ソーダをかけて溶かして飲みます。

まさに雨を降らせるかのごとく。
テーブルに運ばれてきた時に
「雲を溶かしてお召し上がりください」と言われます。


そしてわたあめが全て溶けた後、
グラスの底から現れるのは一輪の花。
編んだと雨アップ


なんだこの雅さは…!!


単純にエモいって言い方はしたくない、
美しい日本語で表したくなる。
語彙力少ないのが悔やまれるんですが(ノ∀`)タハー
目を離せない美しさと、
素敵な遊び心を感じられるドリンクです。

ちなみにこの花は
エディブルフラワー(食用花)です。

編んだと雨アップ側面
スミレにレモンが合わさった、
繊細な爽やかさを感じられる味です。
普段はあまり口にしない味ですね。


かき混ぜたり、時間が経つにつれて
姿もゆっくり変わっていきます。


編んだと雨最後
これから雨と出会った日には、
記憶をくすぐる香りのひとつとして
「Andartで過ごした雨の日の匂い」を
思い出して欲しい


…という思いが込められているこちらのメニュー。
飲めてよかった!

本当に天候だけはどうにもできないですからね。
予約日が雨だったら、是非とも頼んで欲しいです。
でないと次いつチャンスが来るかわからない。



今回座ったのも、入り口すぐ横のゆったり大きめ机で
水色の鉱石や貝が入った小瓶、
人魚のような壺、ドライフラワーなどが飾られた
とてもワクワクする席でした。

Andartさんは完全予約制で
決まった時間にしかお客さんが来ないので
入り口付近の席でも落ち着けますよ。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply