fc2ブログ
Welcome to my blog

希少な宝石、歴史的なジュエリーの数々に圧倒される幸福!【特別展 宝石】〈上野〉

もち米

宝石店ラスト
ここまで大規模な宝石の展示を
見られることはほぼ無いのでは。

上野の国立科学博物館で開催中の
宝石展、後半レポです。


次宝石6エリア
とにかく続々と初めて見る宝石たちばかり。
次宝石6エリア1

次宝石6エリア最後
ファイア・オパールがあれば
ウォーター・オパールもあるところ、いい…!

宝石5エリア7
宝石は産地によって質が違うというのは
「マツコの知らない世界」などでも言っていますが、
こうやって見比べて見ると確かに。

自分の目で確かめられるのは
本当に貴重です。

次宝石6エリア2
同じ種類の宝石で色味が違うものも
わかりやすく比較されています。

次宝石6エリア3

次宝石6エリア4



ここから宝飾品の展示が続きます。
指輪のコーナーは数が多すぎて!

次宝石指輪1
179番は大きなアクアマリン、
183番は黄色のサファイアのリング。

次宝石指輪2
175番はムーンストーンのリング。

次宝石指輪3

次宝石指輪4
十字架のデザインはよく見ますね。
以前行ったメンズリングの展示でも
同じようなデザインの指輪を見ました。

▶︎当時の記事 イヴ・ガストゥコレクション

次宝石指輪5

次宝石指輪


第4章 ジュエリーの技巧
宝石をより美しく際立たせる、
ジュエリーとしての宝石のコーナーです。

次宝石宝飾
アメンタ ネックレス
ホワイトゴールド、カルセドニー、
サファイヤ、ルビー、ダイヤモンド

次宝石宝飾2
ランビタシオン ネックレス
ホワイト/ローズ/イエローゴールド、
モーヴ/ピンクサファイア、
ピンク/ホワイトダイヤモンド、
グリーントルマリン など
次宝石宝飾2−1
人の顔、というより仮面です。

次宝石宝飾6
グリフォン ネックレス
ホワイト/イエローゴールド、
ルビー、ダイヤモンド

次宝石宝飾3
情報まで写真撮れてなかった(´・_・`)
でも好きなデザインです。

次宝石宝飾4
葡萄の葉のクリップ
イエローゴールド、プラチナ、
ミステリーセットルビー、ダイヤモンド

次宝石宝飾ブレ
ディアンヌ クリップ
だいぶブレてしまった…

パープルスターサファイアが特徴的で、
ホワイトゴールド、ダイヤモンド、
ブルー/パープルサファイア

こちらのクリップは、
時計制作の技術〈ポエティックシアター〉を利用して
中央に配置された女神の手元の
三日月と星が頭上まで移動して並ぶ仕組みらしいです。

次宝石宝飾7
パピヨン ラケ 菊蒔絵クリップ
和風な宝飾品もありました!
イエローゴールド、ウッド、
漆、ダイヤモンド

次宝石宝飾8
デスククロック
大きなピンク・クォーツに
イエローゴールドとターコイズの時計がついています。

次宝石宝飾9
モンキーテーブルクロック
アメジストで猿が彫られている
これまたすごいもの。

他はオニキス、ダイヤモンド、
アンバー、プラチナ、イエローゴールド

たくさんありましたが、
中でも一番好きな宝飾品がこれ↓
次宝石宝飾5
大振りのアクアマリンのネックレス。
とにかく水色が濃いのに透き通っていて
存在感がすごい!


日本の四季をイメージした
宝飾品も展示されていました。
次宝石宝飾春
はホワイトダイヤやピンクダイヤを中心に、
桜や若葉のジュエリーが多いです。
次宝石宝飾春2
ラズベリーのブローチも可愛い。

は昆虫や生物、青葉が中心。
次宝石宝飾夏

次宝石宝飾夏2
イエローダイヤモンドの
ひまわりも豪華!
次宝石宝飾夏3

は紅葉や葡萄などの果実。
次宝石宝飾秋
オレンジ色が特徴的な
スペサルティン・ガーネットによる
紅葉はグラデーションもかかっていて綺麗。
次宝石宝飾秋2

は氷や雪をかぶった葉っぱなどのジュエリーが並びます。
次宝石宝飾冬
冬の凍てつきながらも澄んだ空気を表わす
ダイヤモンドが魅力的。
次宝石宝飾冬2
ディスプレイも凝っています。


第5章 宝石の極み
ここは完全撮影禁止エリア。

芸術的な技巧だけでなく、
歴史的価値も高いジュエリーが
惜しげも無く展示されています。

とにかく全てが圧倒的!
宝石の質や大きさはもちろん、
デザインの技巧がすごすぎる。
自分の目で見られて幸せ。

HPや公式ツイッターには
写真が載っていますが、
正直ここのエリアのジュエリーのすごさは
写真では伝わり切りません。
直接見た方が良いです。

↓一切写真を撮れないので、以下は全て公式画像より引用
宝石ピンク
ヴュルテンベルク王室旧蔵
ピンク・トパーズとダイヤモンドのグラン・パリュール

宝石ロシアティアラ
ロシア帝室旧蔵
アクアマリンとダイヤモンドの
ココシュニック・ティアラ

特に目を奪われたのがこれ。
宝石ナポレオン1
リュミニー侯爵夫人旧蔵
ピンクトパーズとアクアマリンのパリュール

ナポレオンの部下の娘が
結婚する際に贈られた…みたいなことが
説明看板に書いてあった気が。

図録にも載っていましたが、
実物とではゴールドの輝きが全く違います!

ベタッとした金色ではなく、
キラキラ、ギラギラと光り輝いている金色です。

宝石ナポレオン2
濃く輝くゴールドに
パステルカラーのピンクトパーズと
アクアマリンがとても合うんですよ!
びっくりしました。
しばらくその場から動けなかった…




ここのエリアから出ると、
もう前の会場には戻れません。
ですがまだ見るものはあります。

途中の廊下に飾られていたのは、
今注目の色鉛筆画家・安部祐一朗さんとのコラボイラスト。
次宝石くじら
ダイオプテーズのシロナガスクジラ

次宝石犬
モルガナイトのハチ公
可愛い。



最後は、一般的な宝石のカテゴリーには
入らないものたち。

例えば、耐久性が足りない宝石。
脆いものの独特な美しさによって
コレクター向けの宝石とされているそうです。

次宝石ラストエリア

次宝石ラストエリア2

次宝石ラストエリア3

次宝石ラストエリア4
漫画「宝石の国」が好きなら
必ず反応するフォスフォフィライトも!

次宝石ラストエリア5

本来は岩石であるものの、
時に宝飾品として見なされるほど
美しく独特な石も、
宝石として数えられることがあります。

次宝石ラストエリア7
真っ白すぎてびっくりする石。
これが人工物じゃないのが不思議。

次宝石ラストエリア8
これも好き〜!

次宝石ラストエリア9
水面のような模様が綺麗。


また、採れる場所が世界で1箇所だけなど、
希少すぎて逆に宝石としての価値が低い石もあるんだとか。

珍しすぎるとかえって知名度が上がらないというのは
確かにな、と納得しました。

次宝石ラストエリア10
クッキーアンドクリームに見えたネプチュナイト。

左のダンビュライトも
まるでガラスのように透き通っています。
次宝石ラストエリア11

次宝石ラストエリア12

次宝石ラストエリア13
いずれも青色が綺麗!


いよいよ終盤。
日本産の石がずらりと展示されています。

次宝石日本

次宝石日本1−1
菊の彫りが細かすぎて引くレベル。
すごいなあ。

次宝石日本3
こんな大きな蛍石(フローライト)や…
次宝石日本2
アンバー(琥珀)も採れる。

次宝石日本4
日本でしか採れないという「桜石」。


次宝石ラストえめ
これはトラピチェ・エメラルドという
コロンビアにあるいくつかのエメラルド鉱山で
ごく稀にしか採れないエメラルド。

この模様を、牛が回転させる歯車に見立てて
スペイン語の「トラピチェ」と名付けたそうです。

希少性と面白い模様によって
宝石の素材として珍重されているようですが、
鉱物学者にとってはなぜこんな模様が入るのか、
半世紀以上にわたって解決できていない難題でもあるとか。
ロマンがある〜

次宝石ラストエめ2
展示でも、模様を亀に見立てたジュエリーにしたり、
また一輪車のブローチになっていたりもしました。


最後は、日本人によるジュエリーの作品3点。
宝石日本人作品
Diamond necklace&Earrings〜Zenshin〜
ピンクゴールド、ダイヤモンド、シロチョウ貝など

希望というエネルギーが灯り廻る車輪、
揺れるきらめきは流れる河。
御所車がその水に潤われ、
互いが支え合う理想的な関係を表している、というデザインです。
高尚だ…

宝石日本人作品2
Twinkle〜星影の記憶〜
子供の頃に見た流星群がテーマ。

流星の輝きと軌跡、余韻、
降り注ぐ期待の高まりを
プラチナとホワイトゴールドで構成した木目金で。

冬の夜空に輝く星影の瞬きを
ダイヤモンドをつけた金の輪で表現しています。
とても綺麗。

宝石日本人作品3
反骨心のあるエレガンス
誰もが共感する美しさを、
あえて引き裂くことで自分の道を切り拓くという
思いが込められた、不完全がテーマの作品。

ダイヤモンドの輝きを際立たせるために
計算されたパヴェなど、とにかく作りが細かい。

腕につけるのかな…?
ちょっと力加減を間違えると
パーーーンッっていきそうだけど(・ω・;)


どの作品も日本人らしい感性が伝わってきました。


その後は物販コーナーがあり、出口へ。
そのまま常設展も見られます。
常設展上の
確かここ、あつまれどうぶつの森の
博物館のモデルになったんでしたっけ?

迫力があって見応えもありましたが、
宝石展で歩き疲れてヘトヘトだったので
さっと見て出てしまった…

宝石店ラスト
開催・協力してくださった関係各所に
感謝しかない展示でした。

どうしてもうまく撮れなかったものは除外しましたし、
撮影禁止エリアのジュエリーもかなりの数なので、
実際には載せた写真以外にもたくさんあります。

大粒のサファイアのリング3つを
比較できる展示なんかもすごかったですよ。

絶対に損はしない展示です。
今回行けて本当に良かった!!



スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply